ロレックスの歴史

21.jpg

ロレックスの歴史

今日は高級時計メーカーロレックスの歴史について書きたいとおもいます。
スイスの時計メーカーとして知らない人はいない と言っても過言ではない超有名メーカー。
ロレックスはイギリスのロンドンで誕生しました。

ロレックスの創業者ハンスウィスドルフは19歳の時、時計の輸出会社へ就職しました。
当時はまだ懐中時計が主流だったのですが、腕に着ける時計の需要の高さに着目し、
24歳の時、ロンドンのハットンガーデン86番地に義兄弟デイビスとともにロレックスの前身となるウィルスドルフ&デイビスを設立しました。

『ROLEX』の名前の由来はどこの言語でも発音しやすく、時計に記した時に美しくみえるようにとこの名前になりました。
王冠と言われているロゴマークは諸説ありますが 時計職人の手 と言われています。
この時代、懐中時計が主流でしたが、腕時計の利便性に着目、同時に時計の精度を追及しました。

1910年~1914年にはクロノメーター精度公式証明書を獲得しました。
クロノメーター精度というのは時計の機械の精度コンクールで
15日間、姿勢や温度変化などの環境下で(日差-1秒~+10秒以内)を維持しなければならないという厳しいテストです。
これをクリアした事により、ロレックスの腕時計は高精度の代名詞となりました。

1926年ロレックスは世界初の防水・防塵腕時計を開発しました。
『オイスター』と名付けられたこの時計は完全密閉のケースで高精度の機械を保護するものです。
翌年、防水性を証明するため、イギリス人スイマーのメルセデス・グライツにロレックス・オイスターを着用してもらい
ドーバー海峡横断に挑戦しました。10時間以上も水中という厳しい環境下でも問題なく動作しつづけ大きな話題になりました。

さらにロレックスは自動巻き時計の原型となる、半円形のローターを回転させる事でゼンマイを巻き上げる パーペチュアルムーブメントを開発。

1945年には日付表示を搭載したデイトジャストを開発しました。
現代にも引き継がれるそのデザインは非常に完成度の高いものでした。

1953年からロレックスはプロフェッショナルウォッチを開発を始めました。
深海探検・飛行・登山など 時代の要望に応え、プロ用の時計の開発を手掛け『ロレックス』は世界的ブランドとなりました。

今では高級時計のイメージの高いロレックスですが、耐久性、精度、メンテナンス費用を考えると
コストパフォーマンスの高い時計だと思います。
現に、40~50年前の物でも現役で稼働している商品も多いです。

着けなくなったロレックス、買い替え予定のロレックス高く買取ます‼
現行からアンティーク、動作品から壊れた物まで買取することができます‼
ぜひ一度お問い合わせくださいませ♪

 店舗案内フリーダイヤル.png